【なんで?】あんまり食べてないのに痩せない

こんにちは!
愛知県のパーソナルトレーナー
リョウです!

 

今回のテーマ
【食べてないのに痩せない】

 

よくお客様に言われることです。
はたしてなぜなのでしょうか。

簡単に解説しますね。

 

食べてないのに痩せない。

まず最初に言っておくと
ここでいう食べていないというのは
絶食ではありません。

 

絶食したら、さすがに痩せます。
というか栄養失調でやつれます。
最悪、体調を崩してしまいます。

 

ここで言う食べていないというのは
普段に比べてとか、野菜しか食べない・・・。

 

みたいな意味だと思って下さい(笑)

 

体が省エネルギー化する。

人間は体を動かすために
エネルギーを食事から摂取します。

 

野菜しか食べない。
極端に量を減らすなどのダイエットをすると
体に入るエネルギーが減ってしまいます。

 

するとどうなるか?

 

身体は少ないエネルギーで
なんとか体を動かそうとしてしまうので
エネルギーを使いにくい体質になってしまいます。

 

ようするに
瘦せにくい体質になります。

 

痩せるための食事って?

痩せるためには
最低でも基礎代謝分のカロリーは
摂取することが必要です。

 

基礎代謝とは安静時代謝ともいわれ
なにもしていなくても使われる
カロリーのことをいいます。

逆に言えば
人間に最低限必要なエネルギーですね。

 

女性ならば少なくとも1200カロリーほど
男性ならば少なくとも1500カロリーほど

これくらい食べなくては
上記の瘦せにくい体質を
作り上げてしまっているようなものですね(^^;

 

間食している可能性。

食べてないと口で言っても
聞いてみると
そういえば・・・・。

っていうお客様は
結構多いのです(笑)

 

例えばですが
女性は紅茶を飲む方が多く
そこに砂糖が含まれていたら
そこにはカロリーが存在します。

豆乳は低カロリーだから!
ってどんどん飲んでいても
そこにカロリーがある限り
飲み続ければ痩せることは出来ません。

 

ほかにも
よくガムを噛んでいたりすると
長時間にわたり、体に砂糖を
与え続けているので
これも勿論痩せない理由の1つです。

 

水とお茶以外は間食だと
思ってください!

 

ってよく伝えています(笑)
1度食事を見直してみるのも
いいかもしれませんね。

 

まとめ

・食べてなさすぎると瘦せにくい体質に

・水とお茶以外は間食

食べてないのに痩せないっていう人は
大体この2つのどちらかの人が多いです。

 

ほかにも自律神経の乱れや
ホルモンバランスの乱れなど
様々な理由もありますが

それはまた別の機会に・・・。

 

ではでは。