【簡単に解説】夜遅くに食べると太る?

こんにちは!
愛知県のパーソナルトレーナー
リョウです!

 

今日はよく聞かれる質問の
解説をしようと思います。

 

 

夜遅くの食事は太るの?

結論から言わせていただくと

朝・昼に比べて
体脂肪になりやすいのは確かです。

 

これは様々な理由があるのですが
たしかに寝る前に
近づけば近づくほど
体脂肪になりやすくなってしまいます(^^;

 

 

ここで大事なことが
体脂肪になりやすいという
キーワードです。

 

夜はお休みの時間。

朝起きて、日中活動して
夜は休む。

 

大体の人が
この生活リズムに当てはまると思います。

 

ということは
日中にエネルギーを使う!

 

なんとなくイメージできますか??

 

なので
朝・昼に食べた食事は
エネルギーとなり消えていく。

夜は活動が少ないので
余ったエネルギーは
体脂肪になってしまう!

 

という仕組みなのです。

 

夜は体脂肪吸収モード

人間は夜になるにつれて
リラックスするための
副交感神経が優位に働きます。

 

これはエネルギーの省エネモード。
悪く言えば体脂肪吸収モードです(^^;

 

夜の消化吸収能力は
日中の2倍ほど

 

睡眠時は代謝が落ち
起きているときの
半分以下に落ち込みます(^^;

 

これはあかんですね・・・。

 

 

晩御飯は何を食べればいいの?

 

晩御飯はエネルギーになる
脂質・糖質は控えめにして
タンパク質・食物繊維を中心に
食事を進めてみましょう。

 

どうしても仕事などで晩御飯が
遅くなってしまうのならば
なんとか間食を摂る。

 

寝る前は水分を多く摂り
空腹を紛らわせるなどして
なんとか夜に食べる量を
コントロールしてみましょう!

 

仕事柄、夜勤がある・・・。

これもよくあるパターンです。

 

これは起きた時間を基準に
食事のリズムを決めましょう!

 

起床後すぐに朝ご飯。
その3時間後くらいに昼ご飯。
その6時間後に晩御飯。

 

こんな感じに決めてあげれば
何の問題もありません(#^^#)

まとめ

・第1に時間より食事内容を注意する。

・夜は控えめ、朝はしっかり食べる。

・夜は体脂肪吸収モード。

 

参考になりましたか?

やはり、夜のお食事は
太りやすいのですね・・・。

 

できるだけ早い時間の
晩御飯を心がけましょう!

 

ではでは~~