ウエストを細くしたい!鍛えるべき筋肉はここ!

こんにちは。パーソナルトレーナーのリョウです。

今回はウエストを細くしたい方にオススメの筋トレをお伝えしていこうと思います。最近ではSNSなどで体を横に捻じったりするようなトレーニングを良く見ると思いますが実際はどうなんでしょうか。

ウエストを細くするためにどこを鍛えるべきなのか、なにをするべきなのかをお伝えしますね。

 

ウエストを細くするためにはここを鍛えろ!

さっそく本題ですが、ウエストを細くするためにどこを鍛えるべきなのでしょう?

答えは腹筋です。

ですが、一言に腹筋といっても何種類かの腹筋が身体には存在しています。
まずはこちらの画像をご覧ください↓↓

皆さんはこの4つの腹筋の中でどの筋肉がウエストを細くするために最も必要な筋肉だと思いますか?

パーソナルトレーナーの自分の解答は
1.内腹斜筋
2.腹横筋
3.外腹斜筋
4.腹直筋
といった所でしょうか。

 

なぜ、内腹斜筋が一番に来るのでしょうか。それは筋繊維が走っている方向に関係があります。
内腹斜筋は骨盤からみぞおちに向かって斜めに筋肉が付着しているので、ここを鍛えることで骨盤とみぞおちの距離が近づくのでウエストが細く見えるようになります。

体脂肪を減らしてウエストを細くするのではなく、骨の位置を近づけることで細く見えるスタイルに近づけていくということなんです。

 

先ほどの画像では深層にあるのは腹横筋と書いてありますね。たしかに最も深い位置にある腹筋なのですがあまり伸び縮みしないのでウエストを細くする効果は少ないです。

ウエストを細くする内腹斜筋の鍛え方

ここからはウエストを細くするための内腹斜筋の鍛え方をお伝えしていこうと思います。

まず内腹斜筋がどのような構造、働きをしているのかを確認してみましょう。

内腹斜筋は骨盤から肋骨の間にくっついている筋肉で、体を横に倒したり、捻じったりするときに使われる筋肉です。

なので、体を横に倒したり捻じったりする動きに負荷をかけてあげれば内腹斜筋のトレーニングになりウエストを細くすることが出来るという訳なのです。

 

オススメのトレーニングはこちらです↓↓

 

 

後者のロシアンツイストのほうが負荷が高くウエストを細くするのに向いているトレーニングではありますが、腰を捻じる事で腰痛へのダメージが出る可能性もあるので、腰が痛い方は無理してやらないようにしましょう。

 

深層の腹横筋を鍛えるのは難しい。

少ないとはいえ腹横筋を鍛えることも勿論ウエストを細くする効果はあります。

よくSNSなんかで腹横筋を鍛える腹筋とかよく見ますよね。

こういうやつです↓↓

はっきり言ってクソみたいな情報流すんじゃねえよと思うレベルです。

それというのも腹横筋の体での主な役割は呼吸の調整だからです。なので体を後ろに反らせたり、捻じったりすることでは腹横筋を鍛えることは出来ません。

強いて言うなら体を後ろに反らせることで腹筋のストレッチにはなりますけどね…。

 

 

腹横筋を鍛えるなら呼吸をするのが一番です。
こちらの動画を参考にしてください↓↓

 

 

普通に腹筋してもウエストは細くならない。

腹筋運動というと皆さんが思い浮かべるのがシットアップやクランチ、いわゆる上体起こしですね。体力テストに含まれる種目でもあるのでやった事ある人も多いのではないでしょうか。

ですが、このような腹筋ではウエストを細くすることは不可能です。

もう一度腹筋の画像をご覧ください。

上体起こしで使われる筋肉は一番左の腹直筋、いわゆるシックスパックってやつですね。上体起こしのような腹筋運動でメインに使われるのはこの腹直筋です。

ですがよく見てみると腹直筋はウエスト部分に存在せず、お腹のど真ん中にしか存在していないですよね。なのでいくら鍛えようと腹筋が割れてしまうだけでウエストを細くする事には繋がらないので要注意です。

 

ウエストを細くする方法まとめ

・ウエストを細くするには腹筋群のなかでも内腹斜筋を鍛える必要がある。
・内腹斜筋は身体を捻じったり横に倒したりすることで鍛えられる。

皆さんも内腹斜筋を鍛えて美しいウエスト・くびれを手に入れましょう!