タンパク質の多い食品とは?ダイエット初心者は必見です!

タンパク質を摂りましょうね~!

 

当たり前のように言うけど
タンパク質って何に含まれるの?

今回はタンパク質の多い食品を
いくつかご紹介しますね。

 

日常の中でも手に入れやすい
導入しやすい食品を
いくつか紹介させてもらいます!

 

タンパク質の多い食品はこれだ!

じつはタンパク質を摂れる食品って
日常的によく食べてるものばかりです。

 

ですがよく食べるといっても
必要量はなかなか摂れていません。

 

これから紹介する食品は
パーソナルトレーナーの僕も
よく使っている
タンパク質の多い食品です!

 

 

お肉はタンパク質たっぷり!

これは割とだれでも知ってますよね(笑)
でも、知らない人もいると思うので
解説させてください。

 

お肉は種類に限らず
タンパク質が多い食材です!

 

できるだけ赤身のほうが
タンパク質が多いので
お肉からタンパク質を摂るなら
脂身を控えて赤身の多いお肉を
選んであげるのがオススメですね。

 

種類に限らずといいましたが
お肉ごとにメリットがあります。

 

・牛肉
カルニチンという成分が多く含まれ
これは脂肪燃焼を後押しします!
さらにトリプトファンというアミノ酸も多く
睡眠不足を解消する効果も期待できます!

 

・鶏肉
お肉の中ではかなり脂質が少なく
タンパク質以外のいらない栄養を
摂取するリスクがかなり少ないのが
鶏肉の1番のメリットですね!

 

・豚肉
ビタミンB群が豊富に含まれています。
ビタミンB群はタンパク質の吸収
手伝ってくれるだけでなく
脂肪の燃焼にも使われます!

 

ここで説明した以外にも
色々なメリットがあるのですが
キリがないのでここまでです(笑)

 

とにかくお肉は
タンパク質が多い食材なので
ぜひ活用してくださいね!

 

魚はタンパク質+良質な脂がたっぷり!

もちろんですが魚も
タンパク質の多い食品です!

 

魚類はタンパク質だけでなく
DHAやEPAといった良質な脂
摂取できるので非常にオススメです!

 

良質な脂とはなんでしょうか?

DHAやEPA
体脂肪をエネルギーにしてくれたり
血液をサラサラにしてくれるので
全身に血液が行きわたるのを
応援してくれる作用もあります!

血液の循環が良くなると
基礎代謝の向上や
むくみの改善にも繋がります。

 

お魚もお肉に引けをとらず
タンパク質の多い食品なので
積極的に積極的に摂取したいですね!

 

大豆製品はタンパク質+食物繊維!

豆腐や納豆など
大豆からできている食品も
タンパク質の多い食品ですね。

 

大豆製品のメリットは
タンパク質だけでなく
食物繊維やビタミン
たっぷり摂れるところにあります。

 

 

ここでは食物繊維のメリットを
お話させていただきますね!

 

食物繊維を摂ることで
腸内環境が整備され
便秘の改善に繋がります!

また、食物繊維は
糖質の吸収を緩やかにする効果もあり
ダイエットにはとても効果的です!

さらに食物繊維は
空腹を抑える効果もあります。

 

これだけいろんな効果があるし
タンパク質も多いんです(笑)

 

大豆製品もガンガン使って
ダイエットを成功させましょう!

 

卵は最強のタンパク質!

タンパク質といえば
卵を想像する人もいますよね。

昔のボディビルダーなんかは
プロテインの代わりに
生卵をミキサーにかけて
飲み込んでいる人もいました(^^;

 

卵を食べるメリットとしては
アミノ酸がとっても豊富という事です!

 

実はタンパク質は
アミノ酸スコアというものが
非常に重要になってきます。

 

今回は割愛しますが
アミノ酸スコア=タンパク質の吸収率
みたいなものだと思ってください。

 

アミノ酸スコアは
100が最高値なのですが

卵のアミノ酸スコアは100!

ようするに最高に吸収率が
いい食品という訳です(笑)

 

なのでお肉や魚にプラスして
卵料理を食べてあげると
ほかの食品のタンパク質も
効率よく吸収できるのです!

 

卵はタンパク質が多いだけでなく
栄養たっぷりなので
ダイエット中でも
積極的に摂取したい食品ですね!

 

乳製品は要注意!?

牛乳やチーズなどの乳製品も
タンパク質の多い食品ですが
トレーナーの僕は
あまりお勧めしていません。

 

なぜかというと
僕たち日本人は乳製品を摂ると
お腹を下しやすい種族だからです(^^;

 

これは日本人というより
アジア人に多いそうなのですが
牛乳などに含まれる
乳糖をうまく分解できず
下痢を起こしてしまう遺伝子
持ってしまっているのです。

 

下痢を起こすと
体内から水分が抜けて
臓器がうまく動かなくなったり
栄養をうまく吸収できなくなります。

 

これはよろしくないですよね・・・。

 

こういう理由があるので
僕はあまりオススメしていません。

 

タンパク質の多い食品のまとめでした

今日はここまでです。
今日紹介したこと以外にも
これらの食品には
様々なメリットがあります。

 

皆さんもこの記事を参考に
タンパク質の多い食事を意識して
ダイエットを成功させましょう!