ダイエット中の停滞期。抜けるにはどうしたら?

今回はダイエット中に
良く訪れる停滞期という
辛い期間の乗り越え方です。

 

最初は順調に痩せてきていたのに
ある日を境に体重が変わらない。

今回はそんな辛い停滞期の
破り方をお伝えしていきます。

 

摂取カロリーを見直す。

停滞期を迎えたという事は
ダイエットを始めた時より
痩せてきていると思います。

ここは素直に
おめでとうございます!

 

ですが体重が減ってきたという事は
基礎代謝量も少しづつ減っています。

 

人間は現在の体型を
維持しようとする機能があるので
太っていても、筋肉がついていても
消費するカロリーは増えるのです。

太っている人が
お腹が空きやすいのは
それだけカロリーを
消費しているからなんですね~。

 

痩せてきたという事は
消費カロリーも減ってきていますので
今までと同じ食事では
痩せにくいという事でもあります。

 

いまいちど、自分の食事を見直して
消費カロリーや食事のバランスを
調整してみましょう!

 

有酸素運動を増やす!

これは正攻法ですね。

食事で痩せなくなってきたなら
運動量を増やしてしまえ!

という訳です。

 

減量のプロともいえる
ボクサーやボディビルダーも
最終的には有酸素運動や
ロードワークに励んでいますよね。

映画「ロッキー」を見れば
分かると思います(笑)

 

チートデイを行ってみる。

最近になってチートデイという
言葉が浸透してきましたね。

ですがチートデイのやり方を
よくわかっていない方もいます。

 

そもそもチートデイとは
チート(騙す)日ということです。

では、何をだますのでしょうか。

 

ダイエットをうまく進めていないと
いわゆる停滞期に突入するのですが

これは身体にカロリーや栄養が
足りなくなってしまい
身体が少ないカロリーで
何とか活動しようとしてしまうため
カロリーを消費しにくくなるからです。

 

チートデイは
身体にカロリーが足りていますよ~と
騙すために行う日なんですね。

チートデイではどれくらい食べればいいの?

正直、僕は食べれるだけ
食べちゃえばいいと思います。

正直かなり食べてあげないと
身体を騙すことは出来ませんし
なによりストレス発散にもなります(笑)

参考までにですが
僕はチートデイの日には
5000カロリーを目標に
食事をしています。

 

チートデイをしても
体重が変わらないという人は
大体ビビッてあんまり食べてない。

チートデイの時くらい
思いっきり食べちゃいましょう。

 

最後に。ほんとに停滞期?

最後に伝えておきたいのですが
ほんとに停滞期を迎えていますか?

僕の停滞期の判断基準として
完璧な食事を2週間続けても
変化が無ければ停滞期としています。

 

1週間程度では
水分や老廃物の変化で
体重の変化は分かりづらいです。

ほんとに2週間くらい
完璧な食事をしていましたか?

ちょっとだけ・・・と
つまみ食いとかしてないですか?

 

そういうことが少しでも
思いつくのであれば
まだ停滞期の判断はできないですね。

まずは2週間。
ストイックに徹してみましょう!