太ももの内側を細くしたい。脂肪が貯まる理由と対策。

こんにちは。パーソナルトレーナーのリョウです。

今回は「内もも痩せ」をテーマに、なぜ内ももに脂肪が貯まってしまうのか、どうしたら内もも痩せに繋がるのかをお伝えしていこうと思います。

特に女性のお客様は内ももに脂肪がついているというお悩みを抱えていることが多いです。

今回の記事を参考に内もも痩せをして美しい脚を手に入れましょう!

 

太ももの内側に脂肪が貯まる原因とは?

まずは太ももの内側に脂肪がついてしまう理由を解説していこうと思います。
これはずばり、内ももの筋肉がうまく使えていないという事が理由に挙げられます。

みなさん日常生活で太ももの内側の筋肉を使っている事ってほとんど無いと思いますが、使っていないだけでなく使えない姿勢であるという事が多いのです。

こちらの画像をご覧ください↓

太ももの内側に脂肪がついてしまう女性に多いのが画像の真ん中X脚です。この画像はかなり大げさにX脚ですが、つま先をまっすぐに向けて立った時に膝が内側を向いていたらX脚と判断して良いでしょう。

 

X脚の女性は簡単に言うと膝が内側を向いているので、正常な人に比べ太ももの内側の筋肉がうまく使えていないのです。

今度はこちらの画像をご覧ください↓

内ももに脂肪が多い人が使えていない筋肉は内側広筋。太ももの内側に存在する筋肉ですね。

この筋肉の役割は膝を外方向に向けて伸ばす事なのですが、そもそもX脚の人は膝が内側に向いているので膝を伸ばしても内側広筋が上手く機能しないという訳です。

すると、内側広筋=内ももの筋肉が上手く使われず筋肉が落ちていき脂肪が貯まっていくという訳なんですね~。

太ももの内側が使えるように、まずはX脚の矯正。

内ももが使えるようにならなくては、いつまで経っても内ももの脂肪は消えてくれません。

では何をするべきかというとX脚の矯正が必要になってきます。先ほどお伝えしたようにX脚が内ももの脂肪の原因なので、これを直さない事には良くならないですよね。

 

そもそもX脚とは太ももの骨(大腿骨)が内側に捻じれている状態です。X脚を矯正するには大腿骨を外側に捻じる筋肉を強くする必要があります。

 

大腿骨を外側に捻じる筋肉はこちら↓

 

 

 

 

 

骨盤を後ろから見た状態、つまりお尻側です。何やら難しい画像ですが、ここに写っている筋肉がすべて連動して働き大腿骨を外側に捻じります。

(深層にある6つの外旋する筋肉なので深層外旋六筋と呼ばれます)

ここの筋肉を鍛えてあげると大腿骨が外側に回転し、内ももの筋肉を使える姿勢になるという訳です。

 

X脚改善の筋トレ①オープンシェル

ではX脚改善のトレーニングをご紹介します。

こちらはオープンシェルエクササイズと呼ばれ、貝が開くように股関節を開くので、そのような名前がついております。

寝転がって出来るので非常にお勧めのトレーニングです。

 

X脚改善の筋トレ②ヒップアブダクション

こちらも寝ころんで出来るので非常にオススメです。

このエクササイズのポイントは、太ももを後ろに捻じった状態で行うという事です。横に開くだけでも効果はありますが、太ももを捻じった状態で行うことで、よりお尻の筋肉を刺激する事が可能になるのです。

 

太ももの内側を細くする筋トレ。

X脚が改善されると徐々に太ももの内側の筋肉(内側広筋)が使用できるようになってくるのです。ここからは内側広筋を鍛えるトレーニングをいくつかご紹介させていただきますね。

自宅で出来るトレーニングをご紹介いたします。

 

太ももの内側の筋トレ①レッグエクステンション

ジムなどにもあるレッグエクステンションのマシンを模倣して行います。

ボールやタオルを膝の間に挟むことで、膝の位置を正しい位置に調節して行います。

注意点としては膝を伸ばすときに、膝の高さが落ちないようにすることですね。

 

太ももの内側の筋トレ②サイドスクワット

 

こちらのトレーニングは体重を片方に移動させる時に、膝だけでなく股関節をメインに動かすのがポイントです。イメージとしてはお尻を後ろに引きながらしゃがんでいくような感じですね。

内ももの筋肉を鍛えるだけでなく、ストレッチにもなるので非常にオススメです。

 

太ももの内側を細くするまとめ。

太ももの内側が太くなる理由は
・X脚のせいで内ももの筋肉をうまく使えていない
・X脚になるのはお尻の筋肉が弱いから

太ももの内側を細くするには
・X脚を改善したうえで筋トレ

 

今回はひたすら太ももの内側について解説しました。分からない事があればtwitterでコメントください!